言葉遣いはビジネスチャンスを左右する重要項目!

投稿日: カテゴリー コミュニケーション

損をしない言葉遣いは社会人の必須ツール!

言葉遣いでお里が知れる!損をしない言葉遣いをマスターすることは、社会で働く社会人の必須ツールといえます。 簡潔でわかりやすい伝え方を心掛け、相手を不快にさせない言葉遣いを意識することが社会人に求められる会話スタイルです。

雑談時を除けば、笑いを誘うような学生言葉などは全く必要ありません。

 

いつも丁寧な言葉遣いで、わかりやすい話し方をするだけで、「信頼できる人」「頼りになる人」という印象を得やすいものです。 ここでは社会人にふさわしい会話のコツ、マイナスポイントを防ぐコツについてご紹介させていただきます。

 

クッション言葉を活用して「配慮」を表現!

「恐れ入りますが」「お手数ですが」「差し支えなければ」などのクッション言葉には、相手に配慮した言い回し、よりソフトな表現になるというメリットがあります。また、クレーム対応時には相手の怒りを和らげる効果も期待できる、大変便利な言い回しです。

社会人に求められる会話は、「クッション言葉」や「気遣いワード」で相手への配慮を表現し、丁寧で正しい言葉遣いで、信頼できる相手として認識してもらえるように努めることです。

過剰な丁寧表現「バイト敬語」とは一線を画す、相手への心配りを示す会話スキルの一つとしてクッション言葉の活用につとめてみください。

 

普段から丁寧に話すことを心掛ける!

敬語表現に自信がない、という社会人は意外に多いものです。特に昨今ではメールやSNSがコミュニケーションツールの中心となっており、電話で話すことが極端に減っている時代です。

ましてや社外の人と対面で対応することなど、営業職でない限りほとんどないということが現状です。 すると、日々の会話の中で敬語を使うことがなくなり、ますます正しい言葉遣いができなくなってしまいます。

 

このような状況では、急な来客やクレーム電話に対して、失礼な言い回しをしてしまう可能性も十分に考えられます。 そこで日頃から意識して、職場の周囲の人たちには語尾に「です」「ます」をつけた丁寧語をなるべく使用するにしたいものです。

 

それって社会人失格ワード!間違えやすい言葉遣い

まさか、上司や同僚の退社時の挨拶に「お疲れ様でした」といわず、「ご苦労様でした」を使う人はいないと思います。

しかし、「なるほど(正:ごもっともです、おっしゃる通りです)」や「了解しました(正:かしこまりました、承知しました)」や「ご一緒します(正:ご一緒させていただきます。お供させていただきます)」を使っている人は、案外多いものです。

また、なぜ社会人の言葉遣いとして失格ワードなのかと問われれば、説明に窮してしまうのではないでしょうか。

 

実は上記の言葉はすべて「大名言葉」とも呼ばれる、目上の立場から自分よりも目下の者に対して使うべきフレーズなのです。

知っていると知らないとでは、大違いですね。

 

社会人の言葉遣いは人格の鏡と心得る!

仕事はできるしやり手なのに、なぜか周囲から尊敬されない、上司の覚えもめでたくないという人が周りにいませんか?

品性が感じられない言葉遣いや、会話のテーマがあまりにつまらないようでは、社会人としての信用は得られません。 なぜなら、一緒に仕事をする相手への敬意や親しみが感じられないからです。

必要以上に気取る必要はありませんが、相手への配慮を第一に置いた行動を心掛ければ、おのずと言葉遣いも整うものなのです。

言葉遣いは人格の鏡と心得て、社会人にふさわしく心のこもった丁寧な言葉遣いを普段から心がけましょう。

本格自己発見診断プレゼント

仕事で悩むビジネスパーソン向け無料メール講座開講!

詳細はこちら